ひな祭りのおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

 

今日のお話は3月3日の「ひな祭り」。

女の子にとっては、おひなさまが飾られたり
おいしいごちそうが用意されたり
うれしいことがいっぱいの日ですね(*^_^*)
ひな祭り」とは、
女の子の健康な成長や幸せをねがう行事ですが、
どうしてお祝いをするようになったのか
その由来を知ってひな祭りを楽しまれている方は
案外少ないかもしれません。
そもそもひな祭りという風習は平安時代に
むかしの中国から日本に伝わったと言われています。

中国では、3月3日に手足を洗って身を清め、
災いを祓おうという儀式があり、
それが日本に伝わるなかで
人形に災いをたくして川に流す「流し雛」
という行事に変わりました。
それがまた江戸時代ころになると、
お人形で遊ぶ”おままごと”が
子どもたちの間で人気となり、
「流し雛」というかたちから
人形を飾って幸せを願う今のスタイルになりました。
では、ひな祭りが「桃の節句
と言われる所以はなんでしょうか。

 

日本においても中国においても桃は、古くから
邪気をはらい、不老長寿を得る”神仙の果実”とされ、
お祝いごとの際に食べる風習があるほか、
有名な「桃太郎」などの民話が生まれる
きっかけになってきました。

 

そして古代中国の3月3日には
桃の花を飾り、桃の花を浮かべたお酒を飲み、
桃の葉っぱを入れたお風呂に入って
無業息災を願っていたということから、
日本のひな祭りでも
桃の節句と言われるようになったのです。

 

 

各ご家庭それぞれで
いろんな楽しみ方がある「ひな祭り」。
行事そのものの意味を知って
お子さんに語り伝えていくことで、
これからも子どもを想う親の願いは
つながっていくことと思います(*^_^*)

Follow me!