ひな祭りに飾る菱餅の意味ってなに?のおはなし

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカです。

 

いよいよ春本番、桜の開花速報にも
ワクワクする季節となりました

 

3月といえば、女の子のお祝い「ひな祭り」
別名「桃の節句」のお祝いを、当地域では
月遅れで行事を行うご家庭も少なくないため、
これから桃の節句のお祝いをされる方も
たくさんいらっしゃいます。

その「ひな祭り」と聞いて思い浮かべる食べ物の
中に、綺麗な3色の、四角い形をした食べ物が
ありませんか?

そう、「菱餅」です(*^_^*)

今日はその「菱餅」の由来についてのおはなしです。

じつは菱餅は、登場したときから”菱形”で
”3色”だったわけではありません。

大陸から日本に文化として伝わった時にはまだ、
蓬(ヨモギ)を用いて作った緑色のお餅と、白い
お餅の2色だけだったのです。

そして、それが”菱形”になったのは江戸時代に
入ってから。さらに”3色”になったのは、
明治時代になってからのことでした。

なぜ菱形になったのか?については、当時
菱餅は、水生植物の菱の実を粉にして作って
いました。菱の実には、子孫繁栄と長寿の力が
あるとされており、その菱の実の形をとって
菱形になったとする説があります。

なぜ3色になったのか?この3つの色には
それぞれに意味があります。
まず白は、今ほどの説明にもあったように菱の実の
「子孫繁栄」「長寿」そのほかに「清浄」の意味を
持ちます。
緑は、蓬が入っていることから、「厄除け」
「増血作用」「健康」を表します。
そして明治期から定着していった赤の色。
この色には山梔子(クチナシ)の実が使われています。
昔から赤い色は魔除けの色とされ、おめでたい色、
桃の節句の桃の花にも通じます。

「ひな祭りのおはなし」でもあったように、
桃は邪気を祓い、不老長寿を得る神仙の果実と
されています。

そんなところから赤い色には「魔除け」や
クチナシからくる「解毒作用」の意味が
込められているのです。
こんなところにも、愛娘の健康を願う親心が
込められていたのですね。

 

もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品|ギフトならハリカ(飯田市下伊那郡)ひなまつり
どうぞ素敵なひな祭りをお過ごしください(*^_^*)

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカでした。

Follow me!