十三参りのおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん記念品
のお店ハリカです。

今日のおはなしは
「十三参り」について。

十三参り、実は私の住んでいる
長野県ではなじみの少ない言葉です。

十三参りとは、数えで13歳になった
男の子女の子が、陰暦の3月13日、
現在の4月13日に地域の氏神様やお寺にお参りし
お祓いをしてもらうという行事。

おもに関西方面を中心に、七五三と同じように
子どもさんの伝統行事として行われています。

地方によって「知恵参り」「知恵もらい
とも呼ばれ、知恵と福徳を司る13番目の菩薩様
「虚空蔵菩薩様」に参拝するのが
関西地方での慣わしだそうです。

ではなぜ、13歳にお参りするのでしょう??

十三参りが始まったのは江戸の中期ごろと言われ
その時代、数え年の13歳は元服の年齢でした。

13歳という年齢は、生まれた年の干支が
いっかい回って初めてめぐって来る年。

またこどもにとっては身体もこころも
大人に変化しはじめる大切な時期。
体調の変化も大きかったりして、
昔から厄年の年齢とされてきたのです。

厄年は運気がもっとも下がる年。
厄払いを兼ねたお参りであるとともに
これからの知恵と福徳を授かることが出来る
大変ありがたい行事なのです。

十三参りならではの面白いしきたりに、
お参りした後、寺社を出るまで
後ろを振り返ってはいけないというのがあります。

これは、せっかく授けていただいた知恵を
お返ししてなくなってしまう、という
言い伝えから来ているもの。

厄を落とし、知恵を授かり、
けして後ろを振り返らない。

十三参りはまさにこれから未来を担っていく
こどもさんたちにぴったりの風習ですね(*^_^*)

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん記念品
のお店ハリカでした。

Follow me!