こどもの日に鯉のぼりをあげるのはなぜ?のおはなし

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカです。

もうすぐやってくる「こどもの日」。
男の子のお子さんがいらっしゃるお家の
庭先には、大きな鯉のぼりが
真っ青な空に、風に吹かれて気持ち良さそうに
泳ぐ季節がやってきました


でもなんで「コイ」なのでしょうか??
お祝いの魚の代表「タイ」ではダメ??
他の魚ではいけないのでしょうか??

5月5日を「こどもの日」または「端午の節句」
とも言いますが、以前「こどもの日のおはなし」で
おはなししたように、「五月忌み(さつきいみ)」の
厄払いから端を発した、五穀豊穣を願う端午の節句。

武家社会全盛の時代になって男の子の行事として
確立されてゆきました。

 

江戸時代になると、5月5日は徳川幕府にとっても
重要な式日として定められ、大名旗本がこぞって
お城にお祝いを奉じるようになり、また将軍家に
男の子が生まれた年には、城の玄関前に幟を立てて
祝いました。
この時の幟はまだ「鯉のぼり」ではありません。
この風習が、次に武家社会に広まって行きます。
武家に広まると、次は一般庶民に。その中でも、
経済力があるお家に最初広まって行きました。

一般庶民のお家では、武家と同じように幟や
吹き流しを立てていたのが、やがて紙で作った
兜や人形、武者絵なども飾るようになって
いったのです。

 

そんな中、幟に「鯉」や「龍」を描くお家が出て
きました。なぜ鯉の絵を描いたのか、それは大陸から
伝わった「滝を登った鯉が、天に昇って龍になる」
という言い伝えから来ているのです。

 

公園や池などで何気なく目にしている鯉。
実は、清流でなくても生きていくことの出来る、
とても生命力の強い魚。

生命力の強い鯉=こどもが、
激流の河を登る=人生の困難に負けず前に進み
龍となる=立派に成長する

江戸の庶民のアイデアはスゴイですね!
大陸文化の「鯉の滝登り」と、お祝いの幟が
結びついたとき、鯉のぼりが誕生したのです(*^_^*)

もらって嬉しい出産祝,赤ちゃん記念品,飯田市,下伊那郡,贈り物,お返し物,プレゼント,御祝,内祝,こどもの日

もらって嬉しい出産祝,赤ちゃん記念品,飯田市,下伊那郡,贈り物,お返し物,プレゼント,御祝,内祝,こどもの日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカでした。

 

次回は、鯉のぼりと縁の深い
「吹き流し」のおはなしをしたいと思います。

Follow me!