こどもの日のおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

今日のお話は、5月5日の「こどもの日」。

別名「端午の節句」ともいわれるこの日は、
みなさんもご存じ、男の子のお祝いの日として
鎧兜や鯉のぼりを飾り、柏餅を食べたり
菖蒲湯に入ったりするおなじみの年中行事です。

 

5月5日が「端午の節句」と呼ばれる理由、それは。。。

もともと「端午」という言葉は
「月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味で、
旧暦の午の月である5月に、
「午(ご)」と「5(ご)」の語呂合わせ(!)
が重なり、そう呼ばれるようになったそうです(~_~;)

 

さて、ではその由来はといいますと、
これがまた、大変複雑で面白いのです

 

まず大元の由来となったのは昔の中国の風習。
”月と日が同じ数字で重なる日にお祝いをする”という
風習があり、5月5日には邪気を祓うといわれる
菖蒲を飾っていました。

 

そして日本では。。。
実は日本には「五月忌み(ごがついみ)」といって、
お田植え前の若い女性の方たちが、
豊作を願って家にこもり心身を清める
という、独特の習慣がありました。

 

この「五月忌み」と、中国の菖蒲の風習が合わさり、
5月5日には、心身を清める女性の方たちがこもる
家の屋根に菖蒲を敷いたり、菖蒲のお酒を飲んだりする
「女性が主役の日」が出来上がったのです(*^_^*)

 

 

なんと、その昔の「こどもの日」は
お田植えをする若い女性の日だった!?

 

ここからまた時代が進み、風習が変遷していくのですが
そのおはなしはまた次回にしたいと思います(*^_^*)

Follow me!