こどもの日のおはなし(つづき)|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。



今日のお話は、
前回のつづき
5月5日の「こどもの日」。

なんと、その昔の「こどもの日」は


お田植えをする若い女性の日だった!?


。。。という衝撃的な内容で
締めくくったままでおりました(;´∀`)



「こどもの日」の由来は、
日本の「五月忌み」と、中国の菖蒲の風習が合わさり、
5月5日には菖蒲で心身を清めた若い女性の方たち
が家の中にこもって神様に五穀豊穣を願う、
女性が主役の「端午の節句の日」が誕生しました。



その後、奈良時代から鎌倉時代へと移り行く中で
「こどもの日」5月5日の主役が
女性から男性へと移っていきます。

武家社会が全盛になると、
端午の節句に欠かせない「菖蒲」と
武を重んじる意味の「尚武」や「勝負」とかけて
武士のお家で盛んにお祝いをするようになったのです。

今では定番の兜や幟(のぼり)とともに、
「こどもの日」が男の子のための行事に
なっていったのはこの頃からです。



江戸時代になると、女の子は3月3日、
男の子は5月5日にお祝いをする習慣が
定着しました。

武家の幟に対抗して、
一般の町人さんたちの間では
鯉のぼりをあげる習慣が広まり、
そのうち武家以外の裕福なお家でも
「こどもの日」に合わせて
鎧兜や人形を飾るようになったのです(*^_^*)



今現在、「こどもの日」の定義は

「こどもの人格を重んじ、
こどもの幸福をはかるとともに、
母に感謝する日」

として規定されています。






生活を支えるお田植えの主役であった
女性の日から、
お家繁栄を願って
男の子の無病息災を願う日に、
そして今、こども全員の幸せと、
そのこどもをこの世に生んでくれた
お母さんに感謝する日に。

時代は変わっても
「こどもの日」に込められた
その想いはしっかり受け継いで
ゆきたいものです(*^_^*)




*** おまけ ***
珍しいことですが、今でも
5月5日「こどもの日」には
女性が家の主人になるという
習慣が残っている地方もあるそうですよ(*^_^*)

Follow me!