餅誕生のおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

 

今日のお話しは、
前回の初誕生祝いの内容から続きまして
赤ちゃんの「餅誕生」について。

 

餅誕生。。。初めて聞いた方には
なんのことだかよくわからない言葉ですね(^_^;)

初誕生祝いの別の呼び名が「餅誕生」と言います。

 

餅誕生も地方によって呼び方は違い、
「誕生祝い餅」「踏み餅」「転ばせ餅」
「背負い餅」「力餅」などなど。。。

人の一生を、お餅の「一升」と掛けて、
「一生(一升)丸く、円満に」
「一生(一升)食べ物に困らないように」
という願いを込めて
赤ちゃんが1歳まで無事に
成長したことを祝うのです。

 

 

では、なぜお餅を使うのか??

それは、お米の農耕の文化が根付く
日本ならではの理由があります。
古来よりお米には特別な力が宿るとされ、
その米粒が凝縮されたお餅には特に
命を新しく再生させる霊力があると
信じられてきたのです。
お餅を食べることで霊力も取り入れられると
考えられていました。
お餅は特別な日に必要不可欠な食べ物だったのです。

特別な日、ハレの日である1歳のお誕生日に、
赤ちゃんがすくすくと丈夫に成長することを
願ってお餅をつきました。
このお餅には、神様と赤ちゃんの
結びつきを強くする願いも込められていたそうです。
地域によっては、
赤ちゃんが1歳前後から立って歩き出すのは、
家を離れるのが早くなるので良くない、
と考えられていたところもあり、
一升餅を背負わせた赤ちゃんをわざと転ばせたり、
お餅を投げつけて歩かせないようにする
風習もあるとか。

そこから「転ばせ餅」という名前がついたのですね。
そうして赤ちゃんが”尻餅をつく”ことで
また縁起が良いのです。

 

 

赤ちゃんがおっきなお餅を背負って
立っても立たなくても、
笑っても泣いても縁起の良い「餅誕生」。

ぜひご家族ご親戚みんなで
赤ちゃんをやさしく見守りながら
お祝いしてあげてください(*^_^*)

Follow me!