入学式はなんで4月にあるの?のおはなし

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカです。

 

日に日に暖かくなってきて、春の訪れを感じる
今日この頃ですが、こちらの地方ではなんと
昨日は雪が降りました!ハリカから見える山々も
厳冬を思わせるような雪化粧をしております。

この3月には、女の子のお祝い「桃の節句」に
続いて、出会いと別れの季節、卒業式と
4月の入学式もやってきます。

幼稚園や学校では、学年が変わることでクラス替えが
あったり、卒園・卒業される方は、新しい生活に
期待と不安でドキドキする、そんな時期ですね。

でもなぜ、新学期の始まりが、4月なのでしょうか?
ふと疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

実は、4月に入学式を挙げる国は世界でも珍しく、
日本も昔は、4月以外だった時代もあったのです。

世界の入学式・新学期の月を見てみますと、
オーストラリアやニュージーランドは1月末
(2月初め)、タイやフィリピンは5、6月頃、
アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、中国などは
みな9月なのです。

これらの国に共通して言えるのは、どこも
「夏休み明け」から新学期がスタートしていること。

では日本はといいますと、明治時代初期の頃は
西洋の教育方法が導入された時期でもあり、
高等教育においては9月入学が主流だったのです。

しかしその後、日本政府の会計年度が4月から3月の
1年間に改定されたことをはじめとして、師範学校が
4月入学になり、小学校もそれにならうかたちで
4月に変ってゆきました。

そんな中、帝国大学や旧制高校、一部の私大は、
9月入学をしばらく続けていましたが、4月入学が
世間に定着していく中で変更し、今に至ります。

ということは、発端になったのは政府の会計年度の
変更にあった、ということになります。
ではなぜ、4月始まりの会計年度になったのか?
それには明治期の税制収入が関わっていたようです。

当時の政府の大きな収入源は、農家の方が作るお米
でした。秋に収穫したお米を、農家の皆さんがお金に
換えて、それから納税します。そこから予算編成を
していくと。。。1月に新年度が始まるのでは
時間的に間に合わなかったという、懐の事情が
あったのです。

 

まさか新年度の始まりに、お米が関わっていたなんて
思いもよりませんでした(^_^.)

ただ、日本独特の四季が魅せる桜の季節が、人生の
門出にふさわしい時期として、日本人の感覚に
ぴったり合っていることも、ひとつの大きな要因
ではないでしょうか。

free-illustration-nyugakusiki-tn

 

 

 

 

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカでした(*^_^*)

Follow me!