帯祝いのおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

 

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん記念品
のお店ハリカです。

今日のお話しは
「帯祝い」について。

 

 

前々回の記事
戌の日のおはなし」に出てきました「帯祝い」

 

別名「着帯祝い」とも呼ばれ、
妊娠して5ヶ月目の戌の日に
安産祈願することをいいます、
と書きました。
赤ちゃんを授かってから
初めてのお祝い行事となります。

 

では、「帯祝い」って実際に
どのようなことをするのでしょうか?

 

他の年中行事同様、帯祝いも

古くから日本で行われてきたもので
平安時代にはすでにあったのではないか
とも言われています。

 

安産を象徴する戌(犬)にあやかって
5ヶ月目の戌の日に
妊婦さんのふくらみ始めたお腹に
さらしを巻きます。

正式なさらしの帯は「岩田帯」と呼ばれる
紅白の絹2筋と木綿1筋を半分の幅に
折りたたんで使います。

帯を巻くということには、
赤ちゃんのいるお腹を温かくして保護したり、
お腹の中の胎児の位置を安定させて
補助するという働きもあります。

奥様の実家の方から、お酒や鰹節などを添えて
贈るというのが古くからのしきたりでしたが、
最近では妊婦さん用のコルセットや、
帯の代わりとして現金を包まれる方も
いらっしゃいます。

安産祈願などで有名な神社や仏閣では
帯祝いのお参りをすると、
帯の端っこに「寿」の文字が書かれたものを
いただくことが出来るようです。

 

ところで、安産祈願をするのがなぜ
「5ヶ月目の戌の日」なのでしょうか?

 

そもそも「戌の日」は、干支の戌なので
12日に1度巡ってきます。
妊娠が分かってすぐにお祝いをしても
良さそうなものです。

 

実は、5ヶ月目とされているのには
とても合理的な理由があります。

まず、多くの妊婦さんが苦労される
悪阻(つわり)が落ち着いてくるのが
だいたい妊娠15週目頃であること。

それと、5ヶ月目は胎動が
分かるようになる時期でもあります。
安定期に入り、胎盤が出来てつわりも収まり、
周囲の皆さんに帯祝いを以って
妊娠をご報告するという流れに
出来ているのです。

もちろん、戌の日であったとしても
妊婦さんの体調が第一ですから、
また次の戌の日に持ち越してお祝いされても
差し支えはありません

 

 
というわけで、理に適った時期に
子どものことを想うお家の皆さんの
願いから行われてきた「帯祝い」。

 
赤ちゃんを授かるということは、
奥様が”妊婦”になるということと
旦那様が”任夫”になるという意味でもあります。
ぜひご夫婦ともに喜びを分かち合い、
産まれてくるまでの数か月を
楽しく安らかに過ごせるよう、
気持ちを新たにしてみてはいかがでしょうか。

 

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん記念品
のお店ハリカでした(*^_^*)

Follow me!