帯解きの儀のおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

もらって嬉しい出産祝,赤ちゃん記念品,飯田市,下伊那郡,贈り物,お返し物,プレゼント,御祝,内祝,七五三,帯解きの儀飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

 

 

今日のお話しは、
帯解きの儀(おびときのぎ)」について。

「帯解きの儀」とは、
「七五三のおはなし」に出てきました、
七五三の「七」にあたる行事。
7歳になった女の子が、着物を着てお参りします。

 

その昔、女の子が7歳になるまで
身に着けていたのは
”紐付きの着物”でした。

 

7歳を迎えることで、
着物をしめる”つけ紐”を”帯”へと変え、
この儀式を迎えることで女の子たちは
社会から認められるようになったのです。
以前、「お七夜のおはなし」
お話ししましたが、
医療が発達していなかった昔は
赤ちゃんが亡くなってしまう確率も高く、
生まれて6日目まで「神の子」として
ただただ元気に育つように祈っていたそうです。

 

 

お七夜を迎えたからと言って
安心できるものでもなく、
やはり7歳までになくなってしまう確率も
良いものではなかったため、
無事にここまで成長した子どもを
神様に見せて感謝するという意味と、
「帯解きの儀」でしめる帯には、
しめることで子どもの身体から
魂が飛び出さないようにする、という
意味合いも含んでいたのです。
ちなみに、このような儀式が行われていたのは、
時代を遡ると鎌倉時代まで辿り着くそうです。

 

「帯解きの儀」と呼ばれるようになったのは
もう少し後の時代、室町時代ころからですが、
その当時には7歳ではなく9歳で儀式を行い、
しかも男女ともに行っていたというのです。

 

 

江戸時代に入るとその形を徐々に変え、
男の子は5歳で「袴着の儀」
そして女の子が7歳の「帯解きの儀」
というように決まってきました。
11月15日に行われるようになったのも江戸時代。

 

それまではお正月やお誕生日に行っていたものを
時の3代将軍、徳川家光が、
四男の徳松(後の5代将軍綱吉)の5歳のお祝いを
「鬼宿日(きしゅくにち)」と呼ばれる吉日、
11月15日に行ったことで、
一般庶民もそれを倣う形で定着した、
というのが有力な説だそうです。

 

 

 

さて、七五三の由来となった
3つの儀式について、
3回にわたっておはなしさせていただきましたが
いかがでしたでしょうか?
どの儀式も共通しているのは
こどもが元気に育ってほしいという
親の切なる願い。
大人になった今となっては
忘れてしまうことも多いですが、
ご両親やご親戚のみなさまの
そうした願いや希望のもとで
日々暮らしていられることを改めて思い、
またこれからも受け継いでいきたいものです(*^_^*)

Follow me!