お宮参りのおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

今日のお話は「お宮参り」

 

「お宮参り」、とは「初宮参り」とも言います。
赤ちゃんが生まれて1ヶ月ころに行う
神社へお参りに行くアレのことですね(*^_^*)
厳密には、男の子は生まれて31日32日目
女の子は32日もしくは33日に行うそうですが
各地域によってお宮参りの正式な日にちが違っていたり、
ご家庭での予定もありますので、
最近では”だいたい1ヶ月ころ”を目安に
お宮参りを計画される方が多いようです。
このお宮参りという風習も、もちろん、
赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願う
親御さんたちの想いから続いてきた伝統行事。

 

生まれてからここまで
無事に1ヶ月目を迎えられたことを、
その土地の守り神である
「産土神(うぶすながみ)」さまに
感謝と報告をする行事なのです。

 

また、地方に残るお宮参りの習俗として
今では南信州地方でも
行われるご家庭は少ないようですが。。。

「綾子(あやつこ)」といって、
昔はお鍋に付いた墨や紅を使って赤ちゃんの額に
「×」もしくは「犬」という字を書く!
そんな習わしがあったそうです。

これは悪魔よけの印、または
”犬の子どもが元気によく育つこと”に
由来すると言われ、印をつけた赤ちゃんは
神様の保護を受けた証になるのだとか(*’▽’)

 

 

今の時代残念なことに、こうした慣習は
どんどん消えて行ってしまっていますが、

知識としてだけでも
「昔はこどもたちのためにこんなこともやっていたんだ」
ということを心の片隅に留めて行きたいものです(*^_^*)

Follow me!