七五三のおはなし|もらって嬉しい出産祝・赤ちゃん記念品

飯田市下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、
赤ちゃん記念品のお店
ハリカです。

 

今日のお話は、
お子さんのお祝いイベントとしては
メジャー中のメジャー、
「七五三」について。

 

七五三は読んで字のごとく、
七歳、五歳、三歳の子どもさんの
成長をお祝いする行事ですね。

日にちは11月15日。

三歳の男の子と女の子、
五歳の男の子、七歳の女の子が、
”晴れ着”を着て、千歳飴を持って
お宮参りをし、記念撮影をするのが
一般的な風景です。

ではそもそも、なぜ七五三は
七歳・五歳・三歳で
お祝いをするのでしょうか?

 

今では全国で行われているこの慣習も、
実はもともと、関東圏でだけ行われていた
地方の風習でした。

 

しかも!

「七五三」というひとつの一連の行事。。。
と思われている方がほとんどかと思いますが、

なんと元来は、

●「髪置き(かみおき)」
2~3歳の間に行う、子どもの髪の毛を
伸ばし始める儀式。
●「袴着(はかまぎ)」
3~7歳の間に行う、初めて袴を着ける儀式。
●「紐落し(ひもおとし)、帯解き(おびとき)」
5~9歳の間に行う、着物を留めるために使っていた
紐を、大人と同じ帯に変える儀式。

という、男女どちらも行われていた

各地各様の”3つの儀式”だったのです。

 

七五三の元となった
3つの儀式ひとつひとつの詳しい解説は
今日は控えさせていただくとして。。。

この3つの儀式がひとつにまとまったのが、
江戸中期頃であったと言われています。
江戸の呉服屋さんが、商売の一環として
宣伝を始めたという説が有力なようです(^_^;)

 

当初は、武家や有力な商人の間で流行していたものが
次第に庶民の間にも普及していきました。

 

前回、
「お七夜のおはなし」
でも書きましたが、
昔は乳幼児の生存率がいまほど高くなく、
すくすくと成長できる子どもは幸運であると
されていました。

「七つ前は神のうち」とも言われ、
7歳未満の子どもは、神様がその子の
運命を決めると考えられていたのです。

そこで子どもを想う人々は
「七五三」を含めた様々な儀式を行うことで
子どもの無事成長を祈りました。

とくに、7歳のお祝いは
その不安な時期をようやく乗り越えた
節目の儀式でもあったことから
盛大に執り行う地域もあったようです。

 

 

そうして変遷してきた「七五三」。
昔とは随分形が変わってきましたが、
「七五三」だから、と難しく考えず、
子どもさんとご家族のみなさんが穏やかに
晴れ晴れとした気持ちでお祝いすることができれば
なによりのことだと思います(*^_^*)

Follow me!