長寿のお祝いってなんで難しい言い方なの?のおはなし

飯田市・下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカです。

 

 

世界的に見ても平均寿命が長いと言われる国
日本ですが、ここ長野県はとくに全国ランキング
でも常に上位に入る長寿県として知られています。
そんな長寿の方をお祝いする行事を「長寿祝い」
ほかに「算賀」とか「賀寿」ともいいます。

そして年齢によってお祝いの名前が違います。
古稀、傘寿、米寿、卒寿。。。
いろいろあるけど、いったいどういう意味?
って思ったことありませんか?

長寿のお祝いでいちばん初めに思い浮かぶのが
よく聞く「還暦(かんれき)」ではないでしょうか。

還暦は数えで61歳(満年齢で60歳)のお祝いです。
これは暦の干支(十干十二支)が60年でまた
元の干支に戻ることから、「暦が還る」という意味で
「還暦」と呼ばれます。

 

その次に「緑寿(ろくじゅ)」というお祝いが
あります。数えで66歳(満年齢では65歳)に
お祝いします。

緑寿祝いは、作られてからまだそんなに経って
いないため、あまり知られていないかもしれません。
2002年に日本百貨店協会が提唱したことで
作られたそうです。その理由は「77歳、88歳、
99歳のお祝いはあるのに66歳がなかった」から。
6(ろく)並びなので「ろくじゅ」。
喜ばしいお祝いの記念日が増えるのは
大いに良いことではあります(笑)

 

続いて「古稀(こき)」のお祝い。こちらは数えで
70歳、満年齢で69歳のお祝いです。
ここで少し脱線しますが、先程から出ている

「数え歳」と「満年齢」について。

実は、最近ではこの両者の認識があいまいになって
きていて、分かりやすい満年齢でお祝いする方も
増えてきています。

「数え歳」というのは、人が生まれたその時が1歳、
次のお正月が来るたびにひとつ年齢を重ねる、という
数え方のことを言います。

祝い歳の数え方は、従来よりこの数えで行われて
来たのですが、昭和25年以降に”年齢を満年齢で
表記する”という法制度が出来たことによって、
両者が混在してしまいました。

現在では「どちらでも良い」「お祝いする気持ちが
いちばん大切」というご意見の方も多くなって
きています。

特にこの「古稀」の祝いに関しては、満年齢の
70歳でお祝いする方が一般的となっていて、
最近では天皇皇后両陛下も満年齢70歳で
お祝いをされています。
さて話は戻りまして古稀のお祝い。
こちらは、中国の杜甫(とほ)という詩人の残した
「人生七十、古来稀なり」という言葉から来ています。
寿命の短かった昔は、70歳まで生きられることは
稀なことであるという意味です。

chanchanko_kanreki

 

 

 

 

 

 

 

おはなしが長くなりましたので、今回はこのへんで。
次回は77歳のお祝いからおはなししたいと
思います(*^_^*)

飯田市・下伊那郡の
もらって嬉しい出産祝、赤ちゃん
記念品のお店、ハリカでした。

Follow me!